最終的に回収できるまで

売掛金、債務に関するトラブルはそれを扱う期間が非常に長くなりやすいため、費用も手間もかかってしまうのが現状となります。どのような方法において売掛金を回収するかという点も、弁護士に依頼することができるならば、物事がスムーズに運びますがやはりそれでも時間が掛かることが多いでしょう。最終的に回収できるまで長い期間かかるかもしれません。それでもそれらを継続する必要があるのは、『時効』があるからです。

売掛金の場合、その効力が消滅するのが、最高で5年、となっています。5年が過ぎてしまえば、債権の回収を行うことができなくなってしまうのです。内容証明を何度も送付するのはこういった点も関係しており、内容証明は時効の経過を遅らせる働きがあります。

取引はこういった問題が発生する前に何らかの措置を取るべきですが、それが行えなかった時もあります。相手と信頼関係を気付くこともそうですが、それは今回のような状況においても力を発揮します。債権や売掛金の回収に関して、迅速な対応を求めたいのであれば、実際に状況が進展しないという場合も含め、それらの事を弁護士に相談することで、新たな糸口が見つかるかもしれませんから、忍耐力が必要です。

『支払い督促』の有効性

弁護士が売掛金を支払わない相手に対して行うものとして『内容証明』を挙げることができましたが、それには強制力がないため、放置されてしまうこともあります。そこで次は、より強力な方法を行う事になります。それが『支払い督促』や『少額訴訟』という方法です。支払い督促は、内容証明よりも強い意味を持つものとなります。それは裁判所から正式に発効する文書であり、内容が本人によって確認されなくても、効力を持つ方法となっています。

送られてきた側は、それに対して『異議申し立て』をすることができますが、それを行ったなら裁判に発展するか、または条件を受け入れて裁判が取り下げられることになる場合もあります。大切なのは、支払う意志があるかという点ですから、その意思が見られるということが基本となります。

『少額訴訟』は、一定の金額以下(60万円)の未収売掛金がある場合に行う事が出来るものです。これも法的な拘束力があり、債権者には法廷に出廷することなどが求められますが、それに応じず欠席する場合であっても、裁判は進み、判決が下されることになります。このような効力の強い方法を取るまでは、最初の方法から期間が空けられることも多いと言えます。

『内容証明』の効力

弁護士に売掛金の代金を回収することを依頼した際に行われることは幾つか考えられます。オーソドックスな方法としてはいくつか挙げられますが、まず挙げられるのが『内容証明』を送付する、という方法です。内容証明とは、文面によって相手方にそれが支払われていない旨を伝えるとともに、その文章を相手方に送付した、ということで後々証明ともなる方法となっています。

内容証明は取引相手ではなく弁護士からの送付となりますから、突然弁護士から通達が届いた相手は動揺して対応せざるを得なくなるかもしれません。内容証明にはそのような、相手方を反応・行動させる働きも期待できます。

内容証明を送付すること自体はもっとも簡易的で効果的な方法ですが、当然それで相手が素直に応じるということが期待できない時もあります。内容証明は、それが支払われなければ担当の弁護士から裁判に発展する可能性があることを暗に示唆している書類とはなっていますが、それ自体に法的拘束力、支払わせる能力があるのではなく、あくまで強い意味での通達、ということになります。この時点で相手が支払いや相談に応じるのであれば裁判を起こさずに済むこともありますので、覚えておきましょう。

売掛金回収の問題点とは

ルールが守られるべきであるのは、何もスポーツやゲームに限ったことではありません。私達は社会に出ると同時に、社会の中で守っていかなければならないルールについて知ることになります。それらを守っていくことによって、ビジネスを円滑に行う事ができ、周りの人との関係性も良好なものを保ったまま仕事を行うことができます。そう考えると、私達がルールを守るということは、私達の生活を支えること、とも関係している、と言えるのではないでしょうか。

しかし、そのルールが破られるとすれば、たちまちその人間関係や仕事上の関係は悪化してしまうかもしれません。本来そういった強固な人間関係を築くまでには、多くの時間や、労力が必要となりますが、実際それらが崩れていくときというのは、あっけないものです。一つの嘘が今までの誠実さを台無しにしてしまうように、ビジネスにおける取引などにおいて、誠実ではない行動を取るなら、それは相手の信用を大きく損なうものとなるでしょう。そして、それに『金銭』が関係している場合、さらに関係性は悪化しやすい、と言えます。

ビジネスにおいて、金銭的な問題はシビアに扱われなければなりません。例えば売掛金の支払いなどに関してもそうで、きちんと決められた期日までに支払うことが大前提です。しかし、その売掛金がいつまでも支払われないことが実際に起こり得ます。では、そういった場合、どのようにして売掛金回収することが可能なのでしょうか。